Sentenced to Death


心優しき視聴者の皆様。ようこそ動物の世界私達の仲間へ。今回のストップ動物虐待シリーズでは、非営利団体のベジタリアンインターナショナルボイスフォーアニマル(VIVA!)の短編ドキュメンタリー映画を特集します。

1994年、英国でゲラトリーさんにより設立されました。ゲラトリーさんはまた健康と栄養に焦点を当てた慈悲団体ベジタリアン アンド ビーガン財団を設立しました。その世界に向けたメッセージは次の様にシンプルです。「動物の苦しみを終わらせ、自身の健康の向上させ環境を守り世界の貧困に平等をもたらす最も効果的な行動は肉、乳製品、魚を食べるのを止めることより良い世界を目指すためにご支援とVIVA!の活動にご協力ください。
VIVA!は、活動開始以来世界的に広がり、現在米国とポーランドに支部があります。

人が肉を求めることで引き起こされた死の規模は膨大です。英国では2003年に9億頭の動物が食料として処理上に連れて行かれたと推測されています。この数には鶏8億5000羽、牛250万頭、羊1500万頭、アヒル2000万羽、および豚935万頭が含まれています。しかしこの統計には毎年英国で消費されている魚45億匹、貝26億個の数は含まれていません。

またこの推定には、動物実験により殺された動物、狩猟者の手で殺された動物の、漁師により捕獲された魚や工場式畜産場のひどい状況の中で死んだ動物は含まれていません。世界中で毎年想像を絶する食肉生産のために550億もの動物が心無く殺されています。肉は私達に病気を与えるだけではなく環境を破壊し私達の貴重な水資源を汚染し、浪費します。

また地球温暖化の最大の原因となります。VIVA!は、英国の工場式畜産場で起こる虐殺を調査した短編ドキュメンタリーを撮影しました。このタイトルは「死刑判決を受ける」(Sentensed to Death)で、この映画は肉がどこから来てどう生産されるかを明確にしています。「死刑判決を受ける」は食物としての動物への人道的殺戮のいかなる概念も完全に誤りで根拠の無いことを明示しています。

(映画ナレーション)

英国では毎年9億匹の動物が大量虐殺されています。その殺害方法は喉の切断です。法律では、まず動物を失神させ死ぬまで気絶させ続けるように命じています。VIVA!の調査では、これが履行されてないことを示します。

電極を脳全体に行き渡らせるという必要条件以外に電撃を規定する規則は、殆どありません。豚は頬に電撃を受けます。どれほど長く気絶させ続けるべきか示す根拠はありません。

この豚には2秒間でしたが頭から顎のみです。私達の調査では3分の1以上の豚が正しく気絶法を受けず毎年24万頭以上が意識を失ってない事を示しています。

気絶法と刺殺の間が長すぎれば失神したように見える豚も大量出血死するまでに意識を取り戻します。英国食肉処理場の3分の1以上は気絶と刺殺の間の時間のずれば大変長く一部の豚は喉を切られる前に意識を回復します。食肉への解体過程で意識がある動物は珍しくありません。この殆ど中世風の儀式は、体毛を失わせ引き抜き奇怪な死の踊りをさせます。

ここは英国の小さな家畜収容所でオートメーション式の食肉処理場よりも恐らく公正で高い福祉基準で行われていると主張しています。食肉処理車の仕事は断片的な作業ではなくナイフで気絶させるのは、回数により速さで、また生産ラインの流れを続けさせるようなプレッシャーもありません。

しかしここにも明白な問題があります。電極を用いての短い失神時間は豚が意識を回復するという結果をもたらします。この動物の場合疑う余地はありません。撮影を止めるように要求されました。豚は束縛からもがき逃れ下の血のくぼみに落ちました。その豚はラインに再び吊るされ通常通り処理を続けられました。

これは恐らくこの豚が生涯を通じて経験してきた中でより穏やかなものです。マーケティング計画は肉を福祉の味方として販売しようとします。しかしながらこの非現実的な実態は英国の肉の真の顔です。

妊娠のために虐殺を延期することはありません。動物活動家はこの雌羊が食肉処理場に連れて行かれるのを阻止し敷き藁を与えました。恐らく偶発的ですが子羊は生き残れずその小さな体は殺されるために連れて行かれる母羊より前に引きずられました。


おかえりなさい、動物の世界地球の仲間へ。動物がいかに肉のために虐待され殺されるか完全非人道的な方法についてだけでなく私達の健康と地球への弊害をも検討します。膨大な苦しみの合計として毎年550億もの罪なき動物が食料用に命を落としています。英国の非営利団体ベジタリアンインターナショナルボイスフォーアニマルズ(VIVA!)は、動物に代わってこの愚かな大量虐殺を止めるように元気づけ動物の苦悩を止めるためにビーガンや動物成分不使用の食事を提唱します。VIVA!の多くの継続中のキャンペーンで肉がいかに全くもって慈悲や健康に互換性がないか一般の人々への認識を提起しています。VIVA!による支援活動の努力には工場式畜産の恐怖、フォアグラの計り知れない残酷さ食料としての養豚の無情で非人道的な扱いが真実の広がりなどがあります。VIVA!は、いわゆるヘルシーな白身の肉という馬鹿げた俗説への注意を引き、又、体のために素晴らしく肉を含まない栄養価の高い代替品を勧めています。この団体はまた地域共同体に有機ビーガン農法の利益を知らせています。これらはVIVA!の高潔な活動のほんの一例です。では、VIVA!の驚くべき記録映画「死刑判決を受ける」を続けましょう。

(映画ナレーション)

人間の拷問被害者の報告は動物は電撃による極度の痛みで苦しむ恐れがあると示します。

そのショックは、単に麻痺させ。叫ぶのを防ぐだけかもしれません。たとえ気絶法で毎年最高23万頭もの20秒以上は続かない可能性があります。一部の食肉処理場では、気絶法施行後から羊が喉を切られるまで1分以上かかります。それはその体系上の不具合の1つです。

法律では頸動脈は一本切断してもよいとされます。つまり脳死には70秒ほどかかります。それが別の不具合です。どちらも多くの羊が決まって意識を取り戻すのは確実です。
それがこの件で起きていると思われるものです。

前の映像は予備気絶法を認める回教のハラールという殺戮方法でした。これが主流の殺戮方法と同様です。ですが私達はパリへ行き羊が気絶法なく喉を切られる他の種のハラール食肉解体場を見るべきです。なぜなら回教徒は自分の宗教がそう要求しているのだと言います。これはイードアルカビールの祝祭で羊は英国から年に一度この犠牲のために数先頭も運ばれます。

ここでは使用されない鉄道車庫内での羊の虐殺は違法ですがフランスはそれを止めようとはしません。また英国はそのための羊の輸出を止めることを拒否します。

殺害を行う者は訓練を受けておらず、また普通の包丁を用います。意識のある動物を殺戮する権利を宗教上で主張する一方で私達が会った人々は動物は安楽に優しく扱われるべきだという回教の法を無視しています。

喉を切られてから2分後この羊はまだもがいています。英国でも同様の行事が計画されVIVA!は異議を申し出て阻止しました。また私達は今この行事を違法とする法律改正に貢献しています。それでもなお英国の法律の例外は英国の食肉処理場で訓練を受けていない者が完全に意識のある動物を殺すことを認めています。単に異なるのは、場所だけです。

恐らく他者の面前で牛を解体処理するのは違法なのでしょう。この去勢牛は他の若い雄牛がラインに吊り下げられ失血死しバラバラに解体されていくのを見ることができます。屠殺銃のピストルは頭蓋骨への大きな損害と脳にショックを与える衝撃波を引き起こします。効果がある時はそうで毎年最高23万頭もの畜牛が無意味にも気絶させられほぼ隔日に苦悶します。

とはいうもののこの仕事では敬意など稀有な代物です。この動物は気絶法を受けずに完全に意識があるまあmシェヒーターというユダヤの方法で殺されます。全くもって合法です。動物は痛みを感じず、すぐに死ぬと断言しています。実際私達の映画は、この動物が最終的に出血により倒れる前に終わっています。

これが21世紀の英国の食肉処理場の写真です。人道的と主張するのは明らかに偽りです。

(ナレーション終わり)

皆さんが本日の番組を見始めてから世界中の食肉解体場で不必要ながら157万頭の動物が殺され、その数は毎秒10万5000億頭にものぼります。

この全ての死と苦痛を止める方法があり、それは思いやりです。健康的で動物性成分を全く含まない、生命を確約するビーガンの食事です。植物由来の食事を通して私達をはじめ全ての生命が守られます。英国で、又、全世界で毎日ますます人々が自然と繋がり共棲する動物の仲間と調和を求めるために肉食を止めることを選択しています。

動物の世界地球の仲間をご覧頂きましてありがとうございます。注目すべきニュースにつづいては啓発のエンターテイメントをお楽しみいただきます。人間が愛深い植物に基づいた食事を取り入れますように。そうする事で全衆生が平和で幸せに暮らせるのです。

とはいうもののこの仕事では敬意など稀有な代物です。この動物は気絶法を受けずに完全に意識があるまあmシェヒーターというユダヤの方法で殺されます。全くもって合法です。動物は痛みを感じず、すぐに死ぬと断言しています。実際私達の映画は、この動物が最終的に出血により倒れる前に終わっています。