【香港】石を食べざるを得なかった捨て犬


香港の元朗区で胃腸に雑草や石を食べていた捨て犬が保護されました。体が弱っていただけでなく胃や腸に石がたくさん詰まっていました。一昨日動物愛護ボランティアに発見され獣医の元に運ばれましたがまだ危険な状態を脱していません。

AFCDによると狂犬病条例では、このようなケースでは飼い主は最大で一万元の罰金または懲役6ヶ月の刑になるそうです。


Comments are closed.