【ポーランド】毛皮反対キャンペーン


11月には毛皮にされるという残酷な運命によって殺された沢山キツネの死骸を持って講義する集会が行われた。

ポーランドのケージ開放協会(Stowarzyszenie Otwarte Klatki)は2012年、毛皮の商売のために多くの農場で動物をどのような環境で飼育していたか明らかにして地元のサポートコミュニティと新しい毛皮農場を阻止したり、毛皮農場を禁止する活動を行っている。


Comments are closed.

www.000webhost.com