Archive for September 2015

アリスのさくらんぼ

台風18号で被災された動物の飼い主さんたちへ

Life Investigation Agency (LIA)

台風18号に伴う大雨災害で被災されました皆様にお見舞い申し上げます。

避難生活をおくられるさいに、動物たちの飼育が困難になった場合、当団体の保護施設で、無期限・無料でお預かりして飼育します。
ですから「もう飼えない」と落胆しないでください。
命があるだけで、希望があります。

※当団体の保護施設は長野県内にある為、搬送等が困難な場合がありますが、そこは相談という事でお願いいたします。

同じ県内や、近隣県の保護団体さんに預けられる場合は、皆様が面会に行ける頻度や、動物たちが搬送されるさいの身体の負担を考えて、そちらを優先していただけると幸いです。宜しくお願いいたします。

※連絡先
電話 090-1115-5988
メール info@ngo-lia.org

被ばく牛の生きる道 予告

放射能汚染によって被ばくした牛は、本当に有害な生き物でしょうか?
人間にとって役に立たない命なら、簡単に殺してもよいのでしょうか?
人間だけの勝手な論理で、今そこにある命でさえ、存在する理由がないと言えるでしょうか?
動物たちの命の優劣さえも、人間は決めることができるのでしょうか?

被曝した牛を消し去りたい国と生かし続けたい農家。被ばくした牛の唯一、生かす道である世界初の低線量被曝研究の資金は底をついた。時を経つ毎に絶望が深まる旧警戒区域の中で実際に起きている5年間の記録の物語。

www.000webhost.com