Archive for May 2015

消火器の泡で鶏を殺す

Government Approves Firefighting Foam to Exterminate BirdsChickens killed Foam The new invention of the processing system ‘product’ (animals) on farms and factories for the production of egg and meat. In just 15 minutes no less than 15 000 birds deemed unnecessary and “waste” can be consumed by asphyxiation with this type of foam, similar to that used for washing cars and other machinery. Engineers, agronomists and animal exploitation business congratulate themselves on “the effectiveness and profitability of this system.”Video: Animal Rights In Israel Read more: https://www.facebook.com/photo.php?fbid=694347140575330&set=a.363847493625298.95183.363725540304160&type=1&theater

Posted by Agatka Borecki on 2015年5月12日

15分間で15000羽の鶏が消火器の泡で殺されました。
Government Approves Firefighting Foam to Exterminate Birds

飯舘村の細川牧場で、また馬が死んだ!

放射能が降ってきた・・・までいな里・飯舘村
福島県飯舘村の細川牧場でまた馬が死んだ。牧場主の細川徳栄さんは嘆く。この馬の死は­いったい何を意味するのだろうか?
 水俣病では猫が死に、豚も死に、ついに人も死んだ。水俣病公式発見から60年も経った­今も、多くの水俣病被害者の人々は苦しんでいる。
 急性被曝は別として、放射能・放射線の人体への影響は、真綿で首を絞めるように静かに­、ゆっくりとやってくる。
 3.11の直後、友達作戦でやってきた米軍の空母レーガンの水兵が被曝し、死人も出た­。現在、239人が東京電力他4社を相手取り、米国連邦地裁に提訴している。



名古屋市の中川運河で約10万匹の魚死ぬ

名古屋市の中川運河でおよそ10万匹の魚が死んでいるのが見つかり市が回収を進めています。

川に死んだ最中が大量に浮かんでいます。異様な光景です。辺りにはかなりの悪臭もたちこめています。

死んだ魚が浮いているのは名古屋市中川区から港区nいかけて流れる中川運河で5月3日以降ハゼやコノシロなどがおよそ8キロに渡り合わせて10万匹死んでいるのが見つかりました。名古屋市によると、川底にたまったヘドロの影響で水の酸素量が不足したのが原因と見られています。

住民「初めて見ましたね、こんな大量に。光景はちょっと無残ですね」

住民「臭いがすごいですね。ほんと生臭いというか」

名古屋市は今朝も8時ごろから回収作業を始めていて死んだ魚の量は更に増えると見られています

【インドネシア】ペットボトルに入れられて密輸されたコバタン24羽

Bottled birds: How callous smugglers cram cockatoos into plastic bottles to get them through customs

ペットボトルに入れられて密輸されようとしていた瀕死の24羽コバタンがアニマルポリスによって発見されました。インドネシアのスラバヤのタンジュン・ぺラック港の税関を通り抜けるためにペットボトルにコバタンを入れていました。コバタンは650ポンドで売れるので密輸したと思われます。アニマルポリスはペットボトルを切ってコバタンを出しましたがかなり弱っていたので獣医の検診が必要でした。

2007年の国際自然保護連合でコバタンは絶滅寸前種に指定されています。


ペットボトルに入れられて密輸された24羽のコバタン


密輸業者はペットボトルにコバタンを詰め込んで税関をくぐり抜けようとしていたと思われます。

最新のでは森林伐採や密猟のために7000羽を下回っているという調査研究があります。

40%鳥は密輸の工程で死んでしまうと言われています。1000羽の鳥が猟で捕獲され、400羽が密猟や輸送や取引、荒っぽい取り扱いのために無駄に殺されています。

ほとんどの場合、輸出国の認可なしでのオウムの輸出は禁止されています。コバタンの繁殖はとても少なく一年に一回、2つの卵を産むだけです。

密猟は様々な場所で行われています。ラワ アオパ ワトゥモハイ国立公園ブトゥン島カダツァ島などで行われています。

広範囲の森林の大規模な伐採と農地への変換、農薬の使用は彼らの生活圏を奪いました。

コバタンは12インチから長さおよそ27インチの大きさで、美しい黄色の模様があります。コバタンは東ティモールの森林やスラウェシ島小スンダ列島にも生息しています。