Archive for January 2014

タイソン社 塩素ガス事故

2011年6月27日。アーカンサス州のスプリングデールにあるタイソン・フーズ社の鶏肉加工工場で5人の作業員が塩素ガスにさらされる事故が起こった。その他50人が病院に運ばれて集中治療室での治療が行われた。これは意図しなかった二種類の化学薬品の混合によるものだとタイソン社は言っている。

この事故の影響によってスプリングデールの工場から300人の作業員が避難し、173人が病院で治療を受けた。アメリカの疾病予防センターによると塩素ガスは呼吸器障害の原因になり呼吸器の上部器官が狭くなり突然死に至ることもあるという。

タイソン社のスポークスマン、ゲイリー・マイケルソンは、食い違いがあって何人かの患者は査定されなかった。それはまだ被害が進行中だという。

タイソン社の副社長のドニー・キングは人的ミスによって偶発的に二種類の化学薬品が混ざりその副産物としてガスが発生した。

タイソン社は、どの二種類の化学薬品が混ざったのかの答えを断りました。しかしマイケルソンは、工場では塩素ガスを使っていないと言いました。

塩素ガスは一般的に鶏肉の殺菌のために使っています。

マイケルソンは、タイソン社が事故の原因を究明するまで議論をしないと言っています。

アメリカ疾病予防管理センター によると突然の塩素ガスの発生は、咳やのどの詰まり、ひどい胸のむかつきや嘔吐やその他の症状の原因になります。そして深刻なケースとしては肺が液体で

満たされてしまいます。

Chemicals hospitalize 173 Tyson chicken workers

www.000webhost.com