【ポルトガル】マタドール死亡事故

Bullfighter gored to death by bull in Portugal

太地町とフェロー諸島が姉妹都市になる

捕鯨継続に和歌山太地町、フェロー諸島と姉妹都市に イルカ追い込み漁への国際圧力「もはや看過できないレベル」反転攻勢へ

Whale ‘drive-hunting’ towns of Taiji and Klaksvik of Faroe Islands to forge sister-city ties

https://english.kyodonews.net/news/2017/08/e4bd57d21dc2-whaling-towns-of-taiji-danish-islands-to-become-sister-cities.html

西オーストラリアのブルームと太地町はは既に姉妹都市になっている。

Whale ‘drive-hunting’ towns of Taiji and Klaksvik of Faroe Islands to forge sister-city ties

【中国】生きたロバを虎の餌にする

淹城野生动物园で生きたロバを虎に与える映像が投函されました。

【香港】木の伐採でサギの雛を殺す

‘No common sense’: Uproar after gov’t pruners insist on trimming trees, killing and injuring baby birds

收投訴毀鷺鳥林 康文署剪樹鳥BB巢中跌死

2017年6月6日、香港の大埔区でThe Leisure and Cultural Services Department (LCSD) は、木の伐採を強行したので、そこに巣を作っていたサギの卵が割れたり雛が沢山死んで、香港の人々は政府とLCSDを非難しています。

全ての野生の鳥は野生動物保護条例(Wild Animals Protection Ordinance.)の下で保護されています。しかしそれを脅かすような事件が起きてしまいました。

嘉道理農場植物園(Kadoorie Farm and Botanic Garden)のレスキューチームの元に15羽の鳥が届けられました。5羽はすでに死んでおり、重症の鳥は安楽死を選択肢ざるを得ませんでした。残りの9羽のサギとシラサギは嘉道理農場植物園で保護しています。

「生存した雛たちは、高所から落下した極度のストレス、脱水症状、飢えなどで弱っており、保護したの何話かは生き残れないかもしれない」と嘉道理農場植物園の職員は話していました。

都内の公園 相次ぐカラス大量死 さらに約20羽確認

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170325/k10010924661000.html

東京都内の公園で24日、40羽余りのカラスが死んでいるのが見つかり、25日になってさらに、およそ20羽のカラスが死んだり、衰弱したりしているのが見つかりました。現場の周辺は24日から人の立ち入りが制限されていて、警視庁は東京都などとともに原因を調べています。

東京・板橋区と練馬区にまたがる都立城北中央公園では、24日午後、46羽のカラスが死んでいるのが見つかりました。
警視庁は、現場周辺の人の立ち入りを制限していましたが、25日午後2時ごろ、現場にいた警察官が、カラスが木の上から落ちるのを見つけました。
その後、周辺を調べたところ、およそ20羽のカラスと2羽のムクドリが死んだり、衰弱したりした状態で見つかりました。
24日見つかったカラスについて、東京都が鳥インフルエンザの簡易検査を行ったところ、陰性だったということです。
これまでのところ毒物などは検出されていないということで、警視庁は、都などとともにカラスが相次いで大量に死んだ原因を調べています。
住民「多くの子ども遊ぶ公園で心配」
現場周辺の住民が撮影した映像にはフェンスにとまっているカラスが羽根を曲げてふらふらしている様子が映っていて、住民は「あとで見に行くと、地面にカラスが落ちていました」と話していました。

また、11歳の男の子は「カラスがボタッと木から落ちるのを見ました。ふだん遊んでいる公園なので気持ち悪いです」と話していました。
男の子の父親は「朝から多くの子どもが遊んでいる公園なので心配です。早く原因を明らかにしてほしい」と話していました。
生態調査のNP0法人は
大量のカラスが死んだ原因について、カラスの生態を調査しているNP0法人「札幌カラス研究会」の代表、中村眞樹子さんは「毒がまかれていないとすれば、生ゴミなどを食べて『ウェルシュ菌』と呼ばれる細菌に感染したか、『マイコトキシン』と呼ばれるカビ毒のついたパンなどを食べて死んだことが考えられる」と指摘しました。
そのうえで、「鳥インフルエンザは簡易検査では陰性でも、大量に死んでいるのできちんと検査をして原因を明らかにしてほしい」と話しています。

鳥インフルで22万羽殺処分 宮城で対策本部、千葉でも6万羽

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170325/k10010924661000.html

東京都内の公園で24日、40羽余りのカラスが死んでいるのが見つかり、25日になってさらに、およそ20羽のカラスが死んだり、衰弱したりしているのが見つかりました。現場の周辺は24日から人の立ち入りが制限されていて、警視庁は東京都などとともに原因を調べています。

東京・板橋区と練馬区にまたがる都立城北中央公園では、24日午後、46羽のカラスが死んでいるのが見つかりました。
警視庁は、現場周辺の人の立ち入りを制限していましたが、25日午後2時ごろ、現場にいた警察官が、カラスが木の上から落ちるのを見つけました。
その後、周辺を調べたところ、およそ20羽のカラスと2羽のムクドリが死んだり、衰弱したりした状態で見つかりました。
24日見つかったカラスについて、東京都が鳥インフルエンザの簡易検査を行ったところ、陰性だったということです。
これまでのところ毒物などは検出されていないということで、警視庁は、都などとともにカラスが相次いで大量に死んだ原因を調べています。
住民「多くの子ども遊ぶ公園で心配」
現場周辺の住民が撮影した映像にはフェンスにとまっているカラスが羽根を曲げてふらふらしている様子が映っていて、住民は「あとで見に行くと、地面にカラスが落ちていました」と話していました。

また、11歳の男の子は「カラスがボタッと木から落ちるのを見ました。ふだん遊んでいる公園なので気持ち悪いです」と話していました。
男の子の父親は「朝から多くの子どもが遊んでいる公園なので心配です。早く原因を明らかにしてほしい」と話していました。
生態調査のNP0法人は
大量のカラスが死んだ原因について、カラスの生態を調査しているNP0法人「札幌カラス研究会」の代表、中村眞樹子さんは「毒がまかれていないとすれば、生ゴミなどを食べて『ウェルシュ菌』と呼ばれる細菌に感染したか、『マイコトキシン』と呼ばれるカビ毒のついたパンなどを食べて死んだことが考えられる」と指摘しました。
そのうえで、「鳥インフルエンザは簡易検査では陰性でも、大量に死んでいるのできちんと検査をして原因を明らかにしてほしい」と話しています。

【中国】店に猫の返品を断られて猫の皮を剥ぐ

Woman has pet cat butchered because she can’t afford him any more

Read the rest of this entry »

【香港】香港国際空港にイノシシ現る

https://www.hongkongfp.com/2016/12/20/pictures-tactical-officers-take-wild-pig-loose-hong-kong-airport/

スケートリンクに5000匹の魚を氷漬け


【大炎上】5000匹の魚を氷漬けにしてアイススケート、北九州「スペースワールド」の新企画に批判殺到!

結局は氷漬けのスケートリンクは取りやめになったそうです。

さっぽろ雪まつりでも同様の事がありました。

路上に劇物入りソーセージ 犬が食べ、死ぬ

和歌山市で散歩中の犬が路上のソーセージを食べ、死んでいたことが分かった。ソーセージからは農業用の殺虫剤として使われ、劇物に指定されている『メソミル』が検出された。警察は、何者かがメソミル入りソーセージを故意に置いた可能性があるとみて捜査。

www.000webhost.com